2006年03月05日

マテリアルの話、

a93.jpg 定義したファイナルコームのポイントで 硬度だけでなく
更に この硬質カーボンの良いところは シボ加工かけ易いので、ワックス類や薬液が
付着したり また手に付いていても滑りにくい 持ちやすい事も嬉しいメリットです。

デメリットは、素材単価が高いのと カーボン、、墨の黒色が強く
カラーが出せないことです。

ただ 高いことと色が出せないデメリットを考えても この素材だと
バックコームや強い力に 耐えられる素材としては、一番です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。