2006年03月05日

テクスチャーとフリクション。

質感がマットで シボかけ易い素材で硬くても まだまだ バックコームしやすいとは
言えませんでした、ただ硬いコームや色々なコームは実際に依頼して作りましたが
おそらく世界で 初めて気が付いたと思う事が2点ありました。それは 
超シークレットなので言うなと言われていますので ブログでは伏せます。
聞いたら エッー って思いますよ。
ヒントはバランスなんですよ。
後一つはフリクションなんです。 
フリクションは軽く説明すると 引っかかない、削らない、微妙な かかりに尽きます!

正真正銘 これで一度 バックコームしたら まず 立ちやすくて驚きますので
現実に使ってみて下さい、、 耐久性が高いのも 販売としては最高の欠点ですよ。(笑)
良いものを安くの気持ちがあるのと 大事に使って愛用してもらいたいです。
作りこみに対する職人魂が感じられますね、、よく 見てください。
機能がデザインされた感触が伝わると思います!
a-22.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。