2006年03月09日

ねずりについて、、

わかりやすく、言うと歯元ですが これには一定のウンチクがありますが
多少 逆毛が 下方にためやすい 上にたまりやすい 下まで押し込みにくい
などの違いはあると思っています。企業秘密部分はコームの場合に
この 歯元に多いと思います、ファイナルシリーズはDRYカットコームと
並んで かなり ここに大きい意味があるのです。

最初に、手仕事に近い成型品って考えたてたのですが 真逆に思考したらば 
成型だと 偶然でなく必然のものが完成するのと 型消耗は別とすれば
腕の差がないので 正確なフォルムが完成すると感じてきました。

それでも 成型の型への流し込み方から 大きさ 弾力 硬度 バリの出方
型から抜けないかたちとか いろいろな規制があるので
簡単にはいかないので ファイナルコームシリーズ半年以上はプロト作成までに
掛かりましたが、 プラス成型品は一度 作ると 作り直しに000万かかるので
凄く 神経がいりますね、、と言ってもプロトがお蔵入りも数点ありましたが。ふらふら
しかし 現実に完成しないと使い心地の本当の部分が見えてこないんで
成型のコームで異形作ることの難しさは 一番が経費ですね。もうやだ〜(悲しい顔)
a-33.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。