2006年03月16日

一番多い 質問について、、 

a101.jpg主観的に説明すると、全回転ブラシなのに丸くないの?と全国で言われますが、、、前にも触れましたが、、
車が高速走るために 摩擦減らすようにキレイに回す必要はないです。 
雪道ならスタッドレス見たいな グリップも出しすぎると、
オーバー ドライ(スタイルになる前に 乾いてしまいます!)

基本はあまり 密度があって毛をつかみ過ぎないで、コーナーがあった
ほうがベストだと考えています。

毛をつかみ過ぎるブラシにスキ毛(化繊で頭の中に入れたりする材料)
を絡めて 摩擦弱めたり、、あまりコーナーがないブラシの場合に
角度持ち上げたりして 対応していたんですが、、全回転するのに
つかみ過ぎると回しにくい事と キレイに回るとキレがないと
個人的に思います!

半円の形のブラシや楕円形なブラシですと、角がないので、使いにくく
真直ぐなブローは完成しますが、、ストレッチかけたり、後ろに流す力が
弱いと考えております。
故に 三角 六角 と発想した訳ですが、もち手が角のある(手に
摩擦かける)タイプは世界中にあるのですが
ロータリー中心部に三角や六角は世界でもPRIMPシリーズのみです!

理屈以上に 使いますと 本当にNEW ポイントして
角度とピッチとコーナーで キレイに流れて 伸びも良いです。


posted by フリーマン at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクツ ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック