2006年03月26日

ツヤが出るのは 引っ張った時、、

a-28.jpg
ストレッチの定義として パワー 重量 植毛(素材、形、密度。質感)
など考えられますが、センターの形状で一番変化させることが可能でした。

もちろん 重くすることは、力が入り伸ばし易いですが 大きいブラシは
重さの負荷があるので 今回大きいタイプのPR−656には 
ウエイトコントロールとして中空仕上げ 上の画像よく見るとネ!
(真ん中は空洞で 表面はフタして普通に見せる。)
(穴径 10mm 深さ 80mm 強度は維持して、力配分がベスト)
にしてあり ハンドフィツトも最高なバランス感覚に仕上がりました。
軽すぎも 重すぎも どちらもデメリットがあるのです。

コーナー(角)で一番 ストレッチが効くという事は 
プロなら誰でも知っていますが、 例えば デンマンタイプなら2っ
しかないわけです!
私は デンマンタイプのブラシでも全回転させて使うので
2っしかないコーナーですと 回転させるのが忙しいわけです、わーい(嬉しい顔)
然るに デルタなら3っですので 山を三回越えれば ストレッチがしやすいですし、6角のヘキサゴンも考えたわけです。

ちなみに 四角は実践で使いづらいだろうと考えました。

大昔から 回転するブラシは丸いという古い概念が 前提ですので
流れ的に、オーバルのブラシがアメリカにはあります!
デルタやヘキサゴンでは 古い観念の間逆のコーナや隙間のあることで 
円滑すぎないテンションでツヤを生む事を考慮しました。ひらめき

a-79.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。